教材のダウンロードにあたり、以下のアンケートにお答えください

アンケートにご協力いただきありがとうございました。

回答結果は、サイト利用状況を把握することを目的としております。

    都道府県
    カテゴリー
    名称[必須]

    ※入力いただいた情報は、
    利用目的以外は利用いたしません。

    授業で活用できる教材

    中学生向け

    SDGs×電気

    映像
    冊子

    対応可能な教科

    社会科(地理・公民)・総合的な学習の時間

    教材について

    SDGsは2015年の国連サミットで採択され、2030年までに解決しなければならない17の目標が定められました。令和3年度から全面実施される中学校学習指導要領に基づいて、この教材では、SDGs誕生の経緯や意味、17の目標を紹介し、電気との関係性を17の目標とあわせて解説。SDGsの達成に向けて、電気を切り口として効率と公正の視点や自助・共助・公助の考え方を応用した視点を働かせながら、よりよい社会づくりを考察・構想していく構想で制作しています。

    監修・後援

    監修
    元信州大学教授 澁澤文隆
    後援
    全国中学校社会科教育研究会

    対応単元

    地理
    日本の地域的特色と地域区分
    資源・エネルギーと産業
    公民
    世界平和と人類の福祉の増大

    (公財)消費者教育支援センター主催 消費者教育教材資料表彰2021 優秀賞

    本教材の活用について

    元信州大学教授 澁澤文隆

    SDGs(Sustainable Development Goals)のSDは、南北対立を紐解くキーワードとして1987年の国連総会でデビューしました。当初、この SD(持続可能な開発)は「将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことなく、現代の世代のニーズを満たすような社会づくり」といった意味で使用されていました。それに対して、SDGs における Gs は「将来の世代へバトンタッチするに値する社会づくりを、現代の世代みんなで実現する取り組みにチャレンジしよう!」といった意味に変化させているといえるでしょう。そうした中でSDGsは17の目標を掲げ、それを「誰一人取り残さない」かたちで2030年までに実現しよう!という、きわめて人類的で野心的な取り組みとなっています。したがって、「現代の世代」である私たちは一方で地域社会を見渡し、17 の目標が実現できているかどうかを点検し、すべての目標を実現できるよう取り組んでいくことが期待・要請されています。他方で世界に目を向け、各国等の実現状況を点検し、実現に苦労している国等に支援の手を差し伸べることが期待・要請されています。地域社会でも世界でも「誰一人取り残さない」ようにしなければならないからです。

    もっと読む

    ところで、新型コロナワクチンは冷凍保存が必須となっていますが、世界各地にはまだ電気が通じていなかったり、電気の供給が不安定だったりして、そのワクチンの冷凍保存が実現できない国等がみられます。SDGs の目標の 3「すべての人に健康と福祉を」、そして目標の 7「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」を踏まえると、今こそ「現代の世代」は、日本をはじめ世界のどこでもワクチン接種が可能となるよう、みんなで協力して条件整備に努めることが期待・要請されているといえるでしょう。そのポイントは冷凍庫と電気の普及です。

    電気は、熱源、光源、動力源のエネルギーとして一人3役を見事に務め果たしている万能選手であり、ワクチンの冷凍保存だけでなく、現代人の生活や産業活動の維持、発展に必要不可欠なものとなっています。その電気は、消費する際に煙、臭い、灰(燃えカス)、CO2を出さないクリーンで使いやすいエネルギーです。また、電気は太陽や風、水、地熱、波等の力、そして石油、石炭、天然ガス、ウラン等の資源というように大きく性質の異なるものを原材料にして生み出すことができることから、国や地域の特性を踏まえた発電が可能です。こうした電気の性質や役割を踏まえると、電気は SDGs の各目標の実現に深くかかわっており「将来の世代」に確実にバトンタッチしていくべきエネルギーであることが理解できるでしょう。

    この DVD 教材は以上のような点に留意し、SDGs と電気との関係、現代社会における電気の位置づけや役割について理解を深め、追究的に学べるよう構成し紹介しています。社会科をはじめ理科、技術・家庭科、総合的な学習の時間等での主体的、協働的な学習場面において、本教材を意欲的に活用していただければと願っています。

    先生方からの評価・ご意見

    これまでに活用した学校数
    1450
    ※2021年度からの累計

    教材の評価

    活用された教科

    教員の声

    資料やデータを基に多面的に考えられるよう構成されているため、生徒が考察する場合も様々な視点から考えやすかった。
    再生可能エネルギーを進めることへの一直線ではなく、それぞれの長所・短所と17の目標をバランスから考えさせる構成であることが良い
    SDGsと電気の関係を多目的、多角的に考察しやすい構成になっていて、生徒に多くのことを考えさせることができたから
    DVDの説明が分かりやすく、カラー印刷の資料もとても使いやすい。教師用資料にはワークシートもあり大変良かった

    アンケート

    教材に関するご意見・感想をお願いいたします。

    教材

    動画

    SDGsは2015年の国連サミットで採択され、2030年までに達成しなければならない17の目標が定めらえれました。この映像ではSDGsの誕生の経緯やその内容を紹介し、電気との関係性を17の目標と合わせて解説します。またSDGsの観点で見た日本の発電を「環境面」「コスト面」「安定供給面」をキーワードに、SDGsの観点で日本のエネルギー事情を考えていきます

    SDGsと電気の関係

    概要編【20分】

    持続可能な開発目標(SDGs)が採択された背景やねらい、SDGsの各目標について解説しています。また、SDGsの目標達成に向けて「電気」にスポットをあててSDGsと電気の関係、現代社会における電気の位置づけや役割を紹介しています。

    SDGsの目標から見た日本の発電

    実践編【24分】

    「環境」「経済」「安定供給」をキーワードにSDGsの目標から日本の発電方法(火力発電・再生可能エネルギー・原子力発電)を紹介しています。

    生徒用テキスト「SDGs×電気」(12ページ)

    • SDGsは「誰ひとり取り残さない」社会を作るための目標
    • 世界を変えるための17の目標を達成しよう
    • 発電方法別のSDGsとの関係を考えてみよう(ワーク付き)
    • 減らそう!電気を作るとき、つかうときに出る二酸化炭素(CO2
    ページ別ダウンロード

    表紙・裏表紙

    SDGsは「誰ひとり取り残さない」社会を作るための目標

    世界を変えるための17の目標を達成しよう

    発電方法別のSDGsとの関係を考えてみよう

    発電方法別のSDGsとの関係を考えてみよう

    減らそう!電気をつくるとき、つかうときに出る二酸化炭素(CO2

    教師用手引書「SDGs×電気」(12ページ)

    • DVDの内容
    • 社会科 地理 指導案+ワークシート
    • 社会科 公民 指導案+ワークシート
    全ページ(PDF)
    ページ別ダウンロード

    表紙・裏表紙

    ダウンロード(PDF)

    DVDの内容

    ダウンロード(PDF)

    地理 指導案

    ダウンロード(PDF)

    地理 ワークシート

    ダウンロード(PDF)

    公民 指導案

    ダウンロード(PDF)

    公民 ワークシート

    ダウンロード(PDF)

    「SDGs×電気」を活用した指導案

    教材を活用した授業レポート

    東京都 渋谷区立上原中学校

    教科:総合的な学習の時間
    学年:1年

    宮崎県 高鍋町立高鍋西中学校

    教科:地理
    学年:2年

    東京都 葛飾区立水元中学校

    教科:社会科 公民
    学年:3年

    東京都 筑波大学附属中学校

    教科:社会科 地理
    学年:1年